【ChaosGroup】価格改定のお知らせ(値下げ)

chaosgrouppricechange

価格改定のお知らせ

平素はV-Rayをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

株式会社オークは10月にプロモーションの実施及びプロモーション終了後は 11月1日から大幅な値下げを行いました。

11月に行われた米国の次期大統領選挙以降は急激な円安が続いておりますが、 下記の通り値下げ後の価格を維持して引き続き販売を行っております。

詳細は下記のとおりでございます。

 新規ライセンス購入
11月1日 以降 (税別)
V-Ray 3.0 Workstation for 3dsMax
¥94,500
V-Ray 3 for Revit
¥63,000
V-Ray 3.0 Workstation for Maya
¥94,500
V-Ray 3.0 Workstation for Nuke
¥94,500
V-Ray 3.0 Workstation Modo
¥63,000
V-Ray 2.0 for SkethUp (無償アップグレード権付き)
¥81,250
V-Ray 2.0 for Rhino (無償アップグレード権付き)
¥96,750
V-Ray 3.0 Render Node
¥31,500
V-Ray 3.4 for C4D
¥111,000
Phoenix FD v 3.0 Workstation for 3ds Max
¥75,500
Phoenix FD v 2.0 for Maya(無償アップグレード権付き)
¥88,250

この機会にぜひV-Rayの導入をご検討ください!

上記以外のV-Rayアップグレード、お得なバンドル、月単位及び年単位のレンタルライセンスオプションもご提供しております。

ChaosGroup製品についてはこちら
お見積りやご購入前のお問合せは弊社セールスまでお願いいたします。

V-Ray 3.0 for Rhino パブリックベータを開始 (3.40 Beta)

vray-rhino-newsletter-beta

V-Ray 3 for Rhino Beta – 参加人数に制限があります!!

このV-Ray 3 for Rhino パブリックベータでは新しいインターフェースを採用し、高速でクリーンなワークフローを提供します。
ベータテスター数には限りがありますのでぜひ早めに申請してお試しください。

ベータ版で追加された新機能をいくつかご紹介します。
・No More Noise
vray-rhino-denoiser
– V-Rayの新しいDenoise[デノイズ(ノイズ除去)]技術により、自動でノイズをカットアウトすることができるので、最大で50%もの時間を節約することができます。

・Better Perspective
vray-rhino-aerial
– V-Rayの新機能”Aerial Perspective Control”を使用することでリアルな大気や深度をレンダリングします。

・Multi-Layered materials
vray-rhino-multilayer
マルチプルレイヤー(複数レイヤー)にマテリアルを作成することで、例えばコーティングされたプラスリックや金属などを表現することが可能です。

こちらから申請することでどなたでもベータ版をテストいただけます(英語)
※ChaosGroupアカウントをお持ちでない場合は事前に登録が必要です。
※V-Ray for Rhinoベータ版を利用するには、インターネット経由によるアクティベーションが必要です。ChaosGroupドングルは不要です。
※V-Ray for Rhinoは2017年前半に販売開始の見込みです。

対応バージョン:Rhinoceros 5 (64 bitのみ)
対応OS:Windows Vista/7/8/8.1/10(64-bitのみ) ※ Windows 32bit版には非対応/ MacOS版は執筆時点では未対応
2016年11月4日時点

[V-Ray] 2016年8月1日より ChaosGroup 製品の価格を改定させていただきました。(値下げです。)

V-RayNewPrice

2016年8月1日より、ChaosGroup 製品の価格を改定させていただきました。(値下げです。)
さらにお求めやすくなりましたので、この機会にぜひV-Rayの導入をご検討ください。

新定価開始日

2016年8月1日 ~

対象製品

ChaosGroup V-Ray 各種 ※
ChaosGroup Phoenix FD
ChaosGroup PD Player

※ V-Ray for CINEMA 4D および V-Ray for MODOは対象外です。

V-Ray の製品情報はこちらへ

改定価格の抜粋 (以下は定価です。[全て税別表記]) 販売価格は弊社セールスまでお見積りください。

以前
8/1以降改定後
V-Ray 3.0 for Maya/3dsMax 新規購入
¥135,250
¥124,800
V-Ray 2.0 → 3.0 アップグレード
¥54,540
¥50,400
VRay 3.0 レンダーノード
¥45,500
¥42,000
V-Ray 2.0 for Rhino
¥134,500
¥124,800
V-Ray 2.0 for SketchUp
¥112,000
¥104,000
V-Ray 学生版 [12ヵ月]
¥15,750
¥12,500

V-Ray 3.0 for Rhino パブリックベータが間もなく開始。Mac OSXにも対応。2月1日以降の新規購入は 3.0 へ無償アップグレードを提供致します!

VRay30RhinoFree

ChaosGroupは、近日 V-Ray 3.0 for Rhino のパブリックベータを開始致します。

V-Ray 3.0 for Rhinoはプログラムが刷新されGUIが一新された他、様々な新機能が追加されています。V-Ray 3.0 for Rhinoは Windowsはもちろん Mac OS X版 Rhino にも対応致します。

なお新規でV-Ray for Rhinoをご検討されております方に、プロモーションとして2016年02月01日以降にV-Ray 2.0 for Rhino 通常版を新規ご購入いただいたユーザー様へ V-Ray 3.0 for Rhino (1 WorkStation + 1 RenderNode)無償アップグレートを提供します。
V-Ray for Rhino の導入を検討されている方は待つ必要はありません!

対象商品:V-Ray 2.0 for Rhino 通常版 新規購入
期間: 2016年 2月 1日以降

V-Ray for Rhinoの価格情報・お見積りはこちらへ

[V-Ray用ユーティリティ] Mudbox用 VRMESH 出力プラグイン公開

btitle0027

ChaosGroupは MUDBOX から直接VRayネイティブのメッシュ形式(vrmsh)で書き出せるプラグインを公開しました。
ChaosGroupフォーラムのこちらからダウンロードできます

もしくはこちら http://www.spot3d.com/vray/misc/mudbox2vrmesh.rar

現在の所 MUDBOX 2015 および 2016の Windows版のみに対応しています。 Mudboxフォルダ >> Pluginsフォルダに mudbox2vrmesh[バージョン].mp をコピーしてください。
Mudboxのファイル >> 選択を書き出し からvrmesh形式を選択できます。PTexをセットアップしていれば、頂点カラーとしてカラー情報が出力されます。
またレベル1のメッシュを使ってプレビューメッシュを作成する事もできます。
2015/11/18アップデート。プレビュー用のサブディビジョンレベルを選択できるようになっています。

2015-11-18_123906

 

このプラグインは、ディスプレイスメントマップのUVシーム問題を考える事無く、純粋に 1:1 でmudboxのモデルがV-Rayでレンダリングできる点にあります。非常にシンプルです。
現在の所変形メッシュには使用できませんが、ChaosGroupでは VRMESHでサブディビジョンレベルをサポートする方法を模索中です。(将来的にはVRMESHのプレビューメッシュにリグとスキンを適用して、レンダリングはスカルプトソフトの高解像度がそのまま表示されるようにできるかもしれません。)

vrm

※ChaosGroupによるとZBrush用の同じプラグインを作ろうと試みたが、SDKが提供されていない為断念したそうです。ユーザーから「ZBrushでV-Rayを使いたい!」というリクエストをPixologicに送っていただければ将来使えるようになるかもしれません。リクエストお願いします!
[2015年10月9日追加]DaveWortley氏がZBCにリクエストスレッドを立てています。書込みすると力になるでしょう!
http://www.zbrushcentral.com/showthread.php?196522-Request-ZBrush-gt-VRmesh-Format

V-Ray for Rhino “2.00.25962” アップデート

rhinoupdates

ChaosGroupは V-Ray for Rhinoの最新バージョン “2.00.25962” をリリースしました。
このリリースでは細かな不具合を修正しています。既存V-Ray 2.0 for Rhinoユーザー様に無償で提供されます。
今直ぐChaosGroup.comのアカウントからダウンロードいただけます。

V-Ray for Rhino 2.00.25962 リリースノート

・マテリアル更新に関する不具合を修正
・マテリアルエディタのライブアップデートが高速になりました
・ワークセッションから分離すると動作不安定になる問題を修正
・VFBがフリーズする問題を修正
・巨大なファイルをBatchRenderするとクラッシュする不具合を修正
・ファイルの読み込み速度を改善
・ディスプレイスメントのメモリ消費量と速度を改善
・HDR Light Studio 5 をサポート
・不要なオブジェクトを処理しないコードを最適化

V-Ray for Rhinoの製品情報はこちらを参照ください

V-Ray 2.0 SP2 for Rhino (build 2.00.25251) アップデートがリリース

20sp2

ChaosGroupは V-Ray 2.0 for Rhino の最新バージョン 「2.0 SP2」をリリースしました。このバージョンはV-Ray for Rhinoの全体的なコードを最適化しているのが特徴です。ユーザー様はいますぐChaosGroupのアカウントからダウンロードいただけます。

V-Ray 2.0 for Rhino (build 2.00.25251) 変更点リスト

– ディストリビュートレンダリングのパフォーマンスを向上
– テクスチャーの相対パスをサポート
– タンジェントスペースの法線マップが正しく働かない問題を修正
– VFVが固まってctrl-alt-delを押さないと復帰しない問題を修正
– バッチレンダリングをより簡単にできるように改良
– Sunライトの編集ダイアログを使用するとSunライトの方向が強制的に変わってしまう問題を修正

V-Ray for Rhinoの製品情報はこちらを参照ください

V-Ray 2.0 for Rhino SP1 アップデートリリース

rhino20sp1

ChaosGroupは2014年9月26日付けでRhinoceros用V-Rayの最新アップデート「V-Ray 2.0 for Rhino SP1」を提供開始しました。
V-Ray 2.0 for Rhinoユーザー様は無償でアップデートいただけます。ダウンロードはChaosGroupアカウントよりお願い致します。

V-Ray 2.0 for Rhino SP1 の新機能

  • V-Ray for Rhinoにバッチレンダリング用のプラグインが同梱。複数のシーンを自動レンダリングする事が簡単にできます。
  • 新しくV-Ray Extraツールバーが追加され、Bach Render、Guess Lens Shift(自動あおり補正)、選択オブジェクトのマテリアル編集、焦点のセット が利用できます。
  • batch

  • 新しコマンド “visReapplyMaterialFromName:” を追加。このコマンドはオブジェクト外れたマテリアルを再適用します。
  • TexBitmapのTexture manipulation領域に”Show in viewport(ビューポートに表示)” オプションを追加。Rhinoビューポートを”レンダリング”表示にセットした場合にテクスチャーが表示されます。
  • Windowsスタート >> プログラム >> ChaosGroup >> V-Ray for Rhino >> Tools >> “GPU device select”を追加。V-Ray RT GPUで使用するGPUデバイスを選択する事ができます。
  • Rhinoビューポートを”レンダリング”表示にした際にバンプマップがビューポートに表示されるようになりました。(Rhinoのビュー表示モード設定で”高度なGPU照明を使用”オプションが有効である必要があり。)
  • マテリアルエディタで Scene Materials の右クリックメニューからシーン全てのマテリアルを1パッケージで出力するコマンド(pack all materials)を追加しました。

改良された機能

  • RTレンダリング中のマテリアル変更が高速になりました。
  • RTレンダリング中にRTボタンをクリックした場合、シーンを更新するようになりました。
  • Proxyの作成と出力速度が向上
  • メモリパフォーマンスが向上しレンダリング時間が最適化
  • 発光レイヤー(emissive layer)に “multiply by opacity” オプションを追加
  • 新しくStandard Materialのレイヤーとして VRayBRDFレイヤーを追加可能になりました。
  • V-Rayレンダリング設定 >> Systemパネル>> Ray caster parametersに Default Geometry オプションを追加。初期設定は Auto になっており。V-Rayは自動的にポリゴン量の多いオブジェクトをダイナミックオブジェクトとしてメモリから退避させます。
  • RTにてProxyジオメトリの更新が高速化
  • Two sided マテリアルのデフォルトカラーを 128,128,128 としました。
  • Spotlightのデフォルト multiplier を 30 から 1 に変更
  • カスタムレンダーチャンネルを作成してもRGBとAlphaチャンネルがリストの上に表示サれるようになりました。
  • ディストリビュートレンダリング(DR)のコードを最適化し、DRのスタートアップが早くなりました。
  • デフォルトで Enviromentに HDRI マップがセットされます。
  • フィジカルカメラのビネット効果を数値で調整できるようになりました。
  • Sun Lightをカスタムレンダーチャンネルにレンダリングする事ができます。
  • レンズエフェクトのデフォルトグレアタイプを”from image”から”from camera parameters”に変更
  • 次の新しい VFB channels を追加:
    – DR Buckets
    – VRayMtl Reflection Glossiness
    – VRayMtl Reflection Highlight Glossiness
    – VRayMtl Refraction Glossiness
  • 新しく領域レンダリングを行う “visRenderBlowup” コマンドを追加
  • 環境マップの計算方法を変更。この変更は既存シーンには影響しません。
  • 旧バージョンでマテリアルの Mapsロールアウトにあった GI overrideは利用できない為UIから取り除かれました。
  • 次のRhinoスクリプトインターフェスを追加:SetMaterialParameterFloat, SetMaterialParameterBool, SetMaterialParameterInteger
  • マテリアルエディタにマテリアル全体を常にプレビューレンダリングするオプションを追加。レイヤー編集中にマテリアル全体のレンダリングをチェックできます。
  • TIFFファイルを出力する場合、デフォルトで 16-bit 深度で保存するようになりました。
  • HDR Light Studioのダイアログウィンドウに Light Paint を追加
  • RhinoマテリアルをV-Rayマテリアルに変換する visConvertRhinoMat コマンドを追加
  • deleteキーを使ってマテリアルエディタからマテリアルを削除する事ができます。
  • プリセットの出力サイズを 16:9 ベースに変更
  • HDRLight StuioのテンポラリファイルとDomeライトを使用して保存する場合に警告メッセージを表示します。
  • 複製の為に表示されていたパラメーターを削除

その他不具合の修正多数

V-Ray 2.0 for Rhinoの商品詳細はこちらへ

V-Ray 2.0 for Rhino をリリース。(1.5 ユーザーは無償アップグレードです)[学生・教員・教育期間版除く]

ChaosGroupは2013年12月09日付けで Robert McNeel & Associates社 Rhinocreos®用のフォトリアリスティック・レンダリングシステム「V-Ray 2.0 for Rhino」をリリース致しました。この最新バージョンでは V-Ray RT® GPUのサポート、マットマテリアル、V-Rayエクスプレスツールバー(200以上のマテリアルプリセット)等の新機能を提供しています。

V-Ray 1.5 for Rhinoユーザー様は2.0へ無償アップグレードいただけます。(学生・教員・教育期間版除く)
今直ぐChaosGroupのアカウントからダウンロードいただけます。
(ドングル内のライセンスを更新する必要はありません。1.5用のライセンスがそのまま2.0用ライセンスに移行されます。)

V-Ray 2.0 for Rhinoの新機能リスト:

レンダリングエンジンの新機能

  • V-Ray RT® GPUのサポート
    V-Ray 2.0 for Rhinoでは V-Ray RT GPU(OpenCL&CUDA)をサポートしました。CPU版に比べて30倍以上高速にレンダリングする事ができます。また、Rhinoのビューポート上に直接V-Ray RTを表示する事が可能になりました。

マテリアル新機能

  • V-Rayマテリアル
    3dsMaxやMayaでも提供されている V-RayMtl をRhinoでも利用可能になりました。Diffiuse、反射、屈折、透過がコンパクトに纏まった非常に使いやすいマテリアルです。3dsMax版やMaya版を触った事があるユーザーであれば直ぐに使う事ができるでしょう。
  • マット機能(V-Ray Material Wrapper)
    お待たせしました。ようやくV-RayRhinoでマット機能が利用可能になります!V-Ray Material Wrapperマテリアルを使ってオブジェクトをマット化する事により、シャドウキャッチ用オブジェクトが受けた影だけを表示する事ができます。3Dレンダリングと背景画像の自然な合成が可能になります。
  • VRMatsライブラリーのサポート
    vismat改め、新しいVRMats形式をサポートしました。これはV-Ray 3.0 for 3dsMaxおよびMayaで統一化されるV-Ray専用のマテリアルデータ形式です。ChaosGroupのダウンロードページから数百におよぶフォトリアルなマテリアルプリセットをダウンロードする事ができます。

その他の新機能

  • V-Ray エクスプレスツールバー
    前バージョンで好評だった、V-Ray エクスプレスツールバーが復活しました。200以上のマテリアル、スタジオライトリグ等を1クリックで呼び出す事ができます。
  • レンダリングプリセット
    インテリア/エクステリア用のレンダリング設定や、プレビュー/ファイナルレンダリング用のレンダリング設定等をプリセットとして保存し、後から簡単に切り替える事ができます。
  • フィジカルカメラプリセット
    インテリア、エクステリア、晴れ、曇等様々なライティングシナリオに合わせた露出設定をプリセット化して簡単に呼び出す事ができます。
  • クリックでピント合わせ
    被写界深度を使う場合、ビューポート上をクリックした場所にピントを合わせる機能を追加しました。
  • アニメーションのサポート
    アニメーションレンダリングをサポートしました。単にチェックを付けるだけで簡単にRhinoのアニメーションをレンダリングする事ができます。
  • Lock RT
    RT使用中にビューの変更を無効にする”Lock Viewport”オプションを追加。ビューを固定したままV-Ray RTを利用する事ができます。
  • 64-bit レンダリング
    32bit版のRhinoからV-Ray 64bit版を使ってレンダリングする事ができます。(ローカルおよびディストリビュートレンダリング)
  • ローカルマシンを使わないディストリビュートレンダリング
    ローカルマシンを使わずにディストリビュートレンダリングを行う“Don’t use local machine.”オプションを追加。レンダリング中もRhnoで作業を続ける事ができます。
  • 法線マップのサポート
    ZBrush等で作成した法線マップをV-RayRhinoでも利用できます。モデルのディテールアップに役立つでしょう。
  • 環境マッププロジェクション
    新しいUVW TypeとしてUVWGenEnviromentを追加。ライトプローブ(Angular)タイプのHDRIや、スフィルカルパノラマ、BOX(Cubic)タイプの環境マップ投影をサポートする他、スクリーン投影もサポートしました。マットマテリアル(VRayWrapper)と組合せてバックグラウンド画像へ影を落とした合成が可能です。
  • 1クリック透過マッピング
    DiffseカラーにセットしたテクスチャーのAlphaチャンネルでマテリアルを切り抜く“use color texture as transparency”オプションを追加。植物や人物の写真を張り付けてそのAlphaでオブジェクトを切り抜く事が1クリックで簡単にできます。
  • Pack and Go
    現在シーンで使用しているテクスチャー等の外部参照ファイルとRhinoシーン(.3dm)を1つのZipファイルに纏めて保存するユーティリティを提供。プロジェクトの持ち運びに大変便利です。
  • 手続き的なテクスチャー
    VRayDirt、Snow、Water、Tile、Rock、MaxNoise、Falloffなど多数の手続き的テクスチャーを追加。これらを組み合わせる事でより多用なテクスチャー表現を行う事ができます。
  • HDR Light Studio とライブ接続
    HDR Light Studio とインタラクティブな接続をサポート。※HDR Light Studio ライブ接続は Rhino 5 64bit版でのみサポートしています。また別途HDR Light Studio 4.3以降のライセンスが必要です。(HDR Light Studio は別売商品です。)

V-Ray 2.0 for Rhinoの詳細はこちらへ