V-Ray 3 for SketchUp 3.40.02 マイナーアップデートをリリース

ChaosGroupは先日リリースされました V-Ray 3 for SkechUp のマイナーアップデート「3.40.02」をリリース致しました。今すぐChaosGroup.comのアカウントよりダウンロードいただけます。

V-Ray for SketchUp 3.40.02 改良点:

  • V-Ray ツールバーにインタラクティブレンダリングボタンを追加
  • Progressiveレンダリング時の Denoiser更新タイミング調整パラメーターを追加。この設定でProgressiveレンダリング時にもデノイズを一定時間おきに適用できます。
  • SketchUpビューポートへのセーフフレーム表示をサポート。アスペクト比の比率指定をサポート
  • 自動的にシーンマテリアルにランダムなマテリアルIDカラーをアサインする機能をサポート(MaterialIDエレメントで自動的にマテリアル毎のマスクを取得できます) * インストーラーでライセンスサーバーのインストールをサイレントにインストールするように変更
  • V-Ray 2 to 3 自動変換スクリプトを改良
  • Spherical形式のアニメーションレンダリングをサポート
  • 立体視レンダリング(Stereoscopic)の目間距離を 6.5cm にセット
  • モーションブラーのトグルスイッチを Animation ロールアウトに移動。(VR Camera選択時にもモーションブラーをOn/Offできます)
  • V-RayProxyの最上位コンポーネントにマテリアル適用できるようになりました
  • マルチマテリアルなV-Ray Proxyオブジェクトを読み込んだ場合に、自動的に相当するマルチマテリアルを適用します。
  • シーン再レンダリング時にもVFBのレンズエフェクトの設定が保持されるようになりました
  • ヒストリーレンダリングの設定ウィンドウがVFBの全面に表示されるように改善
  • SketchUp再起動せずシーンを切り替える場合のメモリ初期化を改善

不具合の修正

  • レンダリング初期化ステージでSketchUpアウトライナーが表示される問題
  • デフォルトのインストール場所(アプリケーションフォルダ)にSketchUpがインストールされていない場合でも、正しくインストールできるように改善
  • BRDFDiffuse layerがマテリアルの最上位にある場合でも SketchUpのマテリアルカラーが正しく変換されるように改善
  • SketchUpの平均テクスチャーカラーが誤ってV-RayマテリアルのDiffuseカラーにセットされる問題
  • VR Cubemap と Stereo レンダリングを組み合わせた場合に不正な出力になる問題
  • アニメーション時に正しくFOVがセットされない問題
  • 2点透視を有効にした場合に正しくFOVがセットされない問題
  • 平行投影を有効にした場合に正しくFOVがセットされない問題
  • Silkライブラリーマテリアルのバンプマップモードを修正。(モードを法線マップ(オブジェクト空間)をBumpに変更)

V-Ray for SketchUp の製品案内はこちらを参照ください