[3ds Max] V-Ray 3.50 ベータ2がリリース。MDLマテリアルサポート、V-Ray GPU強化など

ChaosGroupは V-Ray 3dsMaxの最新バージョン 「V-Ray 3.50」のパブリックベータ2を開始しました。(ベータ1の案内はこちら
V-Ray 3.0 3dMaxユーザー様はどなたでもテストいただけます。ダウンロードはChaosGroup.comのこちらから(ログイン後にクリックしてください)

今回リリースは「BETA 2」です。これからおよそ1ヵ月間世界中のユーザーにテストいただき不具合のチェックを行い、修正の上最終リリースを予定しています。次のベータ更新にも次々と新機能が追加される予定です。これから頻繁にアップデートが行われる為、仕事で使われている方は最終リリースを待って更新される事をオススメ致します。

ベータ2の主な新機能は以下です:

新機能:

V-Ray

  • レンダーエレメント(ベイク用エレメント)に “VRayRawDiffuseFilter”、”VRayRawReflectionFilter”、”VRayRawRefractionFilter”を追加
  • 製品版と評価版(デモ版)のインストーラーが同一となり、ライセンスが見つからない場合制限付きのデモモードで動作します。

V-Ray RT

  • 新しい adaptive lights アルゴリズムをサポート

V-Ray GPU

  • VRayColor2Bumpを経由する事で、全てのプロシージャル・マップ(ノイズ等)をバンプとしてレンダリング可能になりました
  • Forest Color texture をサポート
  • 3dsMaxの”グラデーション ランプ”テクスチャーの Mapped(マップ)、Linear(線形)、4 コーナーのグラデーションタイプをサポート
  • CUDAにて新しい adaptive lights アルゴリズムをサポート(プロダクションおよびActiveShadeモードの両方でサポート)
  • VRayClipperのPlanarクリップモードをサポート

VFB

  • Denoiserエレメントが存在する場合、デノイズされた結果にレンズエフェクトが適用されます
  • レンダリング中にレンズエフェクトを適用しチューニングする事に対応

VRayMDLMtl

  • NVIDIA MDL をサポート(VRayMDLMtlを追加)
  • V-Ray RTにてVRayMDLMtlをサポート(実装は初期段階)

VRayScene

  • .vrsceneを読み込みそのまま.vrsceneのジオメトリとマテリアルをレンダリングする事に対応。またVRayの設定を vrscene から引用して上書きする事ができます。(.vrsceneの内容を3dsMax内で編集する事はできません)

VRayToon

  • VRayToonのアウトラインを独立したレンダーエレメント(VRayToonエレメント)として取り出す事ができます

V-Ray Toolbar

  • 選択したオブジェクトをシャドウキャッチャー(Matte On, Matte Shadow On)にする1クリックボタンを追加

その他改良点、不具合の修正多数。詳しくは弊社V-Ray for 3dMax サポートページを参照ください。
(要ログイン。購入時にemailにてログイン情報をご案内しております。)

V-Ray for 3dsMaxの製品案内はこちらへ

[Maya] Phoenix FD 3.0 for Maya のベータ版がアップデート (BETA2)

2016年12月にPhoenix FD 3.0 for Maya のベータテストが開始されましたが、そのベータ版がアップデートされました。先日アップデートされた3dsMax版と同調する内容です。

Phoenix FD 3.00.02 for Maya [BETA2]の主な変更点

  • クイックセットアップを実行するスクリプトコマンドを追加
  • Foam, Splash, Mistの発生境界を指定するジオメトリの指定が可能
  • オブジェクトの内側でクリアするチャンネルを指定可能
  • その他不具合の修正多数

ベータへの参加方法はベータ1の案内を参照ください

[Revit] V-Ray for Revit 3.40.02 アップデート 主に不具合の修正

ChaosGroupは autodesk社 Revit に対応した V-Ray for Revit の最新バージョン “3.40.02” アップデートをリリース致しました。

主に不具合の修正となります。(インストーラーに同梱のライセンスサーバーが 4.3.0に更新されています)

ダウンロードはChaosGroup.comのアカウントより

[3ds Max] Phoenix FD for 3dsMax 3.00.02 アップデートリリース OpenVDB出力サポート

ChaosGroupは autodesk社 3ds Max用のフルイドシミュレーションプラグイン Phoenix FDの最新アップデート 「3.00.02」 をリリースしました。
Phoenix FD for 3ds Max v2.0/3.0ユーザー様は無償でアップデートいただけます。ダウンロードはChaosGroupのアカウントより

Build 3.00.02の主な新機能

  • BackburnerおよびThinkbox DeadlineにJOBを送信するメニューを追加
  • クイックセットアップを実行するスクリプトコマンドを追加
  • 可変グリッドを使った液体シミュレーションに対応
  • Foam, Splash, Mistの発生境界を指定するジオメトリを指定する事ができます
  • シミュレーションの OpenVDB フォーマット出力に対応

その他細かな改良点、不具合の修正が含まれています。

Phoenix FD for 3ds Maxの詳細はこちらへ

[V-Ray] ChaosGroupの Vladimir Koylazov (V-Ray開発者)が 2017年アカデミー賞(科学技術部門)を受賞!

2017のアカデミー賞 (科学・技術部門)の受賞者がアナウンスされ、ChaosGroupの V-Ray 主要開発者である Vladimir Koylazov 氏が受賞しました。

プロダクションで実用となるレベルでレイ・トレーシングとグローバルイルミネーションに対する効率的なアプローチを行った事、多種多様なワークフローへのサポート、そして幅広い業界での受け入れは、映画でのフル・レイトレーシング・レンダリングの普及に大きく貢献した事が評価されています。

アカデミー賞の授賞式は2月26日(米国時間)に米国ハリウッドのドルビーシアターで行われます。
http://www.oscars.org/news/18-scientific-and-technical-achievements-be-honored-academy-awards-0

EVERMOTION : archmodels vol.177 [シャンデリア・棚・雑貨]がリリース (3dsMax, CINEMA 4D用素材集)

archmodels vol.177 – コマーシャル、建築パース等に使用できる詳細なディテールでモデリングされたシャンデリア / 本棚 / 置物 / 棚 / 雑等のモデルが計 56 点収録
3dsMaxデータに加えて、CINEMA 4Dの質感設定済みデータも収録されています。(AdvancedRenderおよびV-RayForC4D)

archmodels 177のカタログはこちらへ

[FumuFX] FumeFX キャッシュコンバーター(キャッシュ最適化)のAlpha版を公開

Sitni Sati が FumeFX のキャッシュファイル (.fxd) を .vdb or .f3d に変換するコマンドラインツールを公開しました。[Source]
フォーマット変換の他に、グリッドのデータの無い領域を削除してキャッシュ容量を最小化する機能も付いています。
なお今回の公開されたのは Alpha版で今後のアップデート版はユーザーページでのみ配布するそうです。

※FumeFX 4.0 のキャッシュデータのみに対応しています。

http://www.afterworks.com/Utility/ffxconvert.zip

[ZBrush 4R7] Pixologic 新プラグイン 3点が公開

Pixologic社はホリデーシーズンのプレゼントとしていくつかZBrush 4R7 P3用のプラグインをリリース致しました。Pixologic ダウンロードセンターより無償でダウンロードいただけます。

※ZBrush Coreはプラグインをサポートしていない為、これらプラグインはご利用いただけません。

※これらプラグインはPixologicスタッフが個人的に作成した物で、まだ狭い範囲でしかテストされていません。予期しない不具合を起こす可能性があります。ご利用の前に必ずプロジェクト、モデルデータのバックアップを保存してください。

インストール方法

ダウンロードしたZipを展開し、フォルダ内のファイルを \ZBrush 4R7\ZStartup\ZPlugs64 フォルダへコピーしてください。
(3D Print HUBプラグインはインストーラーを実行してインストールをお願い致します。)

Windows版のパス
C:\Program Files (x86)\Pixologic\ZBrush 4R7\ZStartup\ZPlugs64
Mac版のパス
アプリケーション\Pixologic\ZBrush 4R7\ZStartup\ZPlugs64

このようにコピーされていればOKです。

 

ZBrush To Photoshop CC

このプラグインは ZBrush 4R7 P3 と Adobe社 Photoshop CC を接続するプラグインで、アンビエントオクルージョンやアルペド、ZDepth、スペキュラ各種レンダーパスを生成し Photoshopにレイヤーとして読み込みます。使い方はカメラアングルを決めて、必要なパスを選択し”Send to Photoshop”ボタンを押すだけです。

重要: このプラグインを利用するには ZBrush 4R7 P3 64bit版と Photoshop CCが必要です。ZBrush 4R7 32bitやCC以前のバージョンのPhotoShopはサポートされません。またPhotoshopのJavaScriptファイル(.JSX)を使ってレイヤー読み込み操作を行う為、JSXファイル経由でPhotoshopが起動できる環境が必要です。このプラグインはまだ狭い範囲でしかテストされていない為、予期しない不具合を起こす可能性があります。ご利用の前に必ずプロジェクト、モデルデータのバックアップを保存してください。

2017年1月13日(v1.1)アップデート

ZBrush to Photoshop CC:

  • 英語版以外のPhotoshopで”Background”(背景)レイヤーが認識されない問題を修正
  • SSSパスでレガシーなライティングファイルに関係する警告を表示します
  • OS X版でLightパレットに関係してクラッシュする問題を修正
  • (同梱のReadmeファイルに新しいFAQが追加されています。)

 

Scale Master

このプラグインはZBrushのモデルの寸法を決めるのに役立つプラグインです。特に3Dスキャンした物のサイズを実寸に調整したり、3Dプリンターに出力する場合に役立ちます。モデルのサイズをmmやインチで指定サイズに変更したり、指定したサイズ内に収める等の事ができます。

重要: このプラグインを利用するには ZBrush 4R7 P3 64bit版が必要です。ZBrush 4R7 32bitはサポートされません。このプラグインはまだ狭い範囲でしかテストされていない為、予期しない不具合を起こす可能性があります。ご利用の前に必ずプロジェクト、モデルデータのバックアップを保存してください。

2017年1月13日(v1.1)アップデート

Scale Master:

  • 最大にサブディビジョンしたモデルに対して処理を行うとポリゴン限界の警告が表示される問題を修正

 

3D Print HUB


このプラグインはZBrush 4R7に標準で収録されている3D Print Expoterを置き換えます。このプラグインはZBrushモデルを直接 FormLabs社の 3Dプリンターに出力したり、3Dプリントサービス用のフォーマットで書き出す事ができます。サポートする3Dプリンターは今後も追加される予定です。
(ZBrush 4R7に標準で収録されている 3D Print ExpoterのUIを整理しいくつか機能が追加されています。)

V-Ray 3.5 ティザービデオとPhoenix FD v3.0 3dsMax チュートリアル

V-Ray 3.5 のティザービデオ。詳細は公式リリースをお待ちください。

Phoenix FD 3.0 にてFlipソルバでビーチウェーブを作成するチュートリアル。プロシージャルマップをWaveフォースとして使い波を発生させます。

V-Ray 3.0 3dsMax と Phoenix FD 3.0 3dsMax の詳細は V-Ray.jp へ

[V-Ray] VRScans レンダーノードライセンスが10ライセンス無償プロモーション

ChaosGroupは VRScan のプロモーションを開始しました。

VRscans プラグイン(Workstation) [設定作業用に必要です。]

  • 1ヶ月: ¥20,250(税別)
  • 1年: ¥37,800(税別)

上記契約に、無償で 10 VRScan レンダーノード分ライセンスが付属します。
(※VRScanを使用したシーンを10台のマシンまでネットワークレンダリングできるライセンスが無償で付属するキャンペーンです)

なお、期間中は ChaosGroupが提供する VRScanライブラリーも無制限にご利用いただけます。

VRScanプラグインの詳細はこちらを参照ください

1 2 3 4 5 56