Forest Pack Lite/Pro 5.3.0安定版アップデートをリリース (3dsMax用スキャッタプラグイン)

ItooSoftware社は 3dsMax用スキャッタリングプラグイン 「Forest Pack Lite/Pro 5.3.0」 最新安定バージョンをリリースしました。
サブスクリプション期間中のユーザー様はItooソフトのアカウントから今すぐダウンロードいただけます。 今回のアップデートでIPRレンダリングを含んだV-Ray 3.5への対応および Forest ColorをV-RayRT GPUレンダリングに対応しました。詳しくは下記リリースノートをご参照ください。

※今回のリリースは「安定版」です。アップデート可能な全てのユーザーにアップデートを推奨します。

  • 対応:V-Ray 3.5 for 3ds Maxに対応
  • 対応:V-Ray 3.5 for 3ds MaxのIPRモードに対応。 既知の制限について:
    1. IPRが実行されている間、ビューポート内でForest Objectが非表示になる。
      【この問題に対応するためにはコードを大幅に書き換える必要があるため、将来のメジャーアップデートで対応予定】
    2. カメラクリッピングが動的に更新されない。更新を行うには “Display » Build / Build All”をクリック
  • 対応:(ChaosGroupの協力により)Forest ColorのV-Ray RT GPUレンダリングに対応。詳しくはリリース情報末尾のV-Ray 3.5 デモ動画をご参照ください。
  • 変更: スタート時だけでなく、アイテム名の一部にテキストがすでに存在する場合、Library→Filter がチェックされるよう変更
  • 追加: Forest Lister: “SHIFT+クリックで範囲選択、全て選択、ボタンなし”を追加
  • 修正: VRayProxyアセットが見つからない場合のクラッシュを修正
  • 修正: Coronaレンダラーで“Custom Edit”モード、“Camera Clipping”を利用して複数フレームをレンダリングする際のクラッシュを修正
  • 修正: 3ds Max 2017でサーフェスやオブジェクトの編集可能メッシュを利用時にランダムで発生する問題を修正
  • 修正: VRay Proxyで“Flip Axis”を利用している際のジオメトリの問題を修正
  • 修正: empty entries in “Customize User Interface”の空欄を修正

 

 

ForestPackProの詳細はこちらへ

V-Ray for NUKE マイナーアップデート “3.50.02” がリリース

ChaosGroupは V-Ray for NUKE のマイナーアップデート “3.50.02” をリリース致しました。
主に不具合の修正です。今すぐChaosGroup.comのアカウントからダウンロードいただけます。

修正内容

  • VRayVolumeGrid にレンダリング不可の場合でもエミットするオプションを追加
  • VRayVolumeGrid プリセットアプリケーションに有効/無効ノットを持っていない問題を修正
  • キャッシュパスが空の場合でもアニメーションコントロールの調整ダイアログが有効な問題を修正
  • Deep to PointsをProject 3DするとNUKEが不正終了する問題を修正
  • VRayVolumeGrid で相対パスが使用できない問題を修正
  • VRayVolumeGrid Opacity Multiplierがロックされる問題を修正
  • Light Select RE に Nuke DirectLight を入力するとクラッシュする問題を修正

V-Ray for NUKEの製品情報はこちらへ

[ZBrush] ワンフェスクーポン3月31日(金)今週末までです!

2017年2月19日(2017冬)のワンフェスで配布致しましたクーポンは3月31日(金)、今週末までです!
購入検討されている方はお見逃しなく!

ご注文はクーポコンコードを記載してZBrush (Win or Mac)購入希望の旨、sales@oakcorp.net もしくはフォームからメールいただければ折り返し詳細をお返し致します。

また、3月末までの限定で、ZBrush 4R7 + Cintiq 13HD 液晶タブレットのセットを特別価格¥189,000[税込]で販売中です。
[このセットはWEBから通販も可能です。Email : sales@oakcorp.net もしくは フォームから “ZBrush 4R7 + Cintiq 13HD 見積もり希望”の旨ご連絡ください!]

Maya <> 3dsMax 等でレンダリングデータをやり取りできる V-Ray Scene オブジェクトに注目!

ChaosGroup Lab で vrscene オブジェクトの オーバライド方法についての記事が掲載されました。[Source]

日本語訳を掲載しましたので参考になりましたら幸いです。

http://www.oakcorp.jp/chaosgroup/v-ray/tute/vrsceneobject

 

V-Ray 3 for SketchUp ウェビナー(録画)の紹介

先日LIVE中継された、V-Ray 3 for SketchUp ウェビナーの録画が公開されました。
刷新された V-Ray for SketchUpの新機能をデモしています。

V-Ray 3 for SketchUpの商品案内はこちらへ

V-Ray 3 for SketchUp クイックスタート – 導入チュートリアル掲載

V-Ray 3 for SketchUp クイックスタート – 導入チュートリアル を掲載しました。

V-Ray 3 for SketchUp 評価版でもお試しいただけますので、ぜひ一度お試しください。

[3ds Max] Phoenix FD for 3dsMax 3.03.00 アップデートがリリース。オンラインライセンスをサポート

ChaosGroupは 3dsMax用のフルイドプラグインPhoenix FD for 3dsMax を 3.03.00 へアップデートしました。
主にオンラインライセンスへの対応と不具合の修正です。(マイナーアップデート)

ダウンロードは今すぐChaosGroup.comのアカウントより。
オンラインライセンスのインストールガイドを弊社Phoenix FD 3 サポートページ内に掲載しております。

Build 3.03.00 (patch) (February 28 2017)
==============

新機能:

PhoenixFD:
* オンラインライセンス(ドングル無し)をサポート(※現在Phoenix FD 3を新規に購入する場合のみオンラインライセンスが利用できます。)

レンダリング:
* キャッシュの生成無しにOceanもしくはCap meshがプレビューできる Pure Ocean モードを追加

改良された機能:

シミュレーション:
* 複数の動くジオメトリフォース(Body Force)の計算を改善

レンダリング:
* パーティクルテクスチャーのブレンド半径が particle age に基づいて変更可能
* fire/Smokeもしくはパーティクルのプリプロセスをキャンセルした場合、デフォルトのスキャンラインでレンダリング処理して中止します
* レンダリングプレパス時の”Optimizing Volumetrics”を無効にするオプションを追加

I/O:
* 大量にパーティクルが存在するシーンのキャッシュ読み込み時間を短縮

サブミッタ:
* Backburnerサブミッタに、レンダリング出力パスおよびシミュレーション出力パスをオーバーライドするオプションを追加

その他不具合の修正

Phoenix FD for 3dsMaxの商品案内はこちらへ

複数DSLR(デジタル一眼) 制御アプリ SmartShooter が Version 3.26 にアップデート

SmartShooter が Version 3.26 にアップデート

Version 3.26

2017年3月15日

  • マルチカメラ非同期ダウンロードのパーフォーマンスを改善
  • 検知されたUSBホストコントローラーを通してダウンロードのバランスを自動調整
  • 使用中ステータスをカメラ別にトラッキング
  • 物理的なカメラのUSB接続/取り外しを自動検知
  • カメラを取り外し、再接続した際に自動的に接続状態を復帰します
  • ‘Refresh List’ボタンを’Detect’ボタンに改名
  • JPEG previewer script を削除
  • サポートカメラオプションのUIラベルを変更
  • バーコードスキャン後に連番/バッチナンバーをリセットするオプションを修正

SmartShooter の製品案内はこちらへ

EVERMOTION : Archinteriors Vol.47 がリリース (インテリアパース完成品 3dsMax素材集)

Archinteriors Vol. 47 – V-Ray for 3dsMax シーンデータを丸ごと収録した屋内パースシリーズの第47弾。全10 シーンを収録。
モデルを置き換えて仕事にそのまま利用もOK。モデルを取り出して素材集としても利用いただけます。

※ご利用には3dsMax 2011以降、VRay 3.0以降が必要です。64bit環境推奨

Archinteriors Vol. 46 のカタログはこちらへ

Phoenix FD 3 for Maya リリース。既存ユーザー様は無償アップグレードで提供。FLIPソルバ、ディテール向上、クイックプリセット等多数!

ChaosGroupは autodesk社 Maya 用のフルイドシミュレーションプラグインのメジャーバージョンアップ「Phoenix FD 3 for Maya」をリリース致しました。

Phoenix FD 3 for Mayaでは、新しいパーティクルベースの液体ソフバ(Flip)を追加し、より液体表現がリアルになりました。炎・煙用ソルバも改良されディテール表現が大幅に向上しています。さらにクイックプリセット機能を追加し、誰でも1クリックでシミュレーションをセットアップする事ができます。Phoenix FD + V-Ray を Mayaに追加して、より高速で柔軟なフルイドエフェクト環境を手に入れてください!

既存の Phoenix FD 2.x for Maya ユーザー様は無償で Phoenix FD 3 for Maya へアップデートいただけます。

Phoenix FD 3 for Mayaの主な新機能:

  • FLIP ソルバ – 高速でよりリアリスティックな液体ソルバを実装
  • 新しいファイヤ&スモークソルバ – ファイヤ&スモークソルバが改良されより繊細なディテールで煙と炎を再現できます。
  • クイックプリセット – プリセットツールバーを標準提供。オブジェクトを選択してアイコンを1クリックするだけで煙・液体をシミュレーションする事ができます。
  • 海洋シミュレーション – プログラム的に地平線まで続く公開な海洋を作成します。海はシミュレーションする事なくプレビューする事ができます。
  • 波のフォース – 波を起こす手続き的なディスプレイスメントマップが液体シミュレーションに影響を加え、非常にリアルな海面のフルイドシミュレーションを生成します。
  • 様々なフォース – 風やメッシュ引力等のフォースを使ってフルイドの動きをアーティスティックにコントロールする事ができます。
  • パスフォロー – スプラインパスにフルイドを沿わせる事ができます。
  • インタラクティブシミュレーション – Mayaビューポート上に最終結果に近いリアルなGPUレンダリングを表示可能で、インタラクティブに細部のディテールをコントロールする事ができます。
  • シミュレーションのリファイン – 低解像度時の全体的な形状や動きをそのままに、解像度を増やしてディテールアップする事ができます。

Phoenix FD 3 for Maya の詳細情報はこちらへ

1 2 3 4 5 59